夫婦について気づきのマインド

Home/夫婦のマインド/夫婦について気づきのマインド

夫婦について気づきのマインド

夫婦は、過去の経験が不安や不信感、怒りを思い出して諦めや仮面夫婦、無関心夫婦になることが多いようです。

経験をすればするほど、失敗や自己嫌悪、他人の批判を受けたこともあると思います。すると、「普通は」という発想がでてきます。

自信がなくなり、「普通は」に支配され自由な発想を失う可能性もあるのです。

「普通は」って何?って話ですよね。この偏った見方を方向転換しなければなりませんね。

今現在、夫婦関係に満足していますか?

たいていの夫婦は、小さな不満を口に出すことが多いのですが、小さな不満を改善しようとせずため込んでしまうと大きな不満になり爆発するのです。

「今」この瞬間を大切にすることが必要です。

「過去、未来より大切なのは今」です。もちろんそのとおりなのですが、未来について上手くいくために、失敗しないようにするための話し合いをしておく必要はあるでしょう。

ただし、過去の経験で未来への心配や不安を抱いていても何にも変わりません。不安や心配し過ぎて臆病になってしまいます。

慢性的に不安や心配を抱えてしまうと間違った選択をしてしまう可能性もありますので、自身の不安や心配は夫婦関係に影響があるのか、ないのか見極める必要があります。

「今」この瞬間をどうしていくか?光のある未来の計画を立てることを、しておいたほうが良いと思います。

夫婦で向き合い「夫婦とは」を考えるべきではないでしょうか。自分たち夫婦の将来のために。

夫婦って何なのだろう?

過去の経験を細かく覚えていますか?

過去の経験を細かく覚えていますか? 

過去の記憶は曖昧なことがほとんどです。

その時、何歳でどんな場所で、どんな感情で誰とかなど、大まかには簡潔にまとめることができるかもしれませんが、細かなところまでは曖昧で記憶が飛んでいることがあります。

その曖昧な記憶を元に、過去の経験から夫婦でいがみ合ったり過去を持ち出して夫婦喧嘩し、言いくるめようとする相手のせいにするなど、いろいろな問題が発生してしまいます。

自分自身に起きた問題に対して、特別な事と捉えがちになってしまうのです。それぞれの事情や言い訳を考えてしまうため、ありのまま相手に伝えることがむずかしくなり、過去の失敗から学べなくなることがあります。

ですから、相手や自分自身を過小評価したり過大評価してはいけません。お互いの矛盾点や短所、長所や利点、全て含めありのままを見つめることも必要なのでしょう。

私たち人間は変化し続けています。

考え方や好み、価値観や個性今までのことを振り返ると変化したと思いませんか?

夫婦の目的を考える

「いまさら見直したって、どうせ改善しないよ」「目的は、子供を立派に育てることだよ。夫婦関係は二の次」なんだか、さみしい答えですよね。

離婚の原因の1位は「性格の不一致」2位「精神的虐待と生活費を出さない」3位「暴力と異性関係」

1位の性格の不一致に関して、本来はこうなる前に夫婦の目的について考え話し合う事が大切です。

言葉による暴力、ココロのない正当な理論を並べる、話し合いを持とうとしないなど、とても傷つく言動ですよね。

お互い歩み寄ろうとする気持ちは持っていたほうがいいですよね。

夫婦関係はココロの満足があるか、ないか、今この瞬間が「幸せだ」と思う、思いの積み重ねの関係性に焦点を当ててください。

夫婦それぞれが、ココロの満足度を育てていくことの方がずっと大切です。

だから、夫婦の目的について話し合い考えることに価値があるのです。

私たちは何を一番大切にすればいいのだろう?

夫婦は、趣味や夫婦生活、旅行、デートなど、工夫すれば楽しめることはたくさんあります。

ココロから楽しめているのなら、日常生活においてその背後には有意義、やりがい、いたわりや感謝、尊敬や尊重、シェアや協力、信頼や自立など夫婦がお互い意識をしているのでしょう。お互いが相手の気持ちいいと思うことをしているのです。

夫婦関係において有意義と楽しみ。要は生活のメリハリが大切だということです。

意義とは…

  1. その言葉によって表される内容。
  2. 行為・表現・物事の、それが行われ、また、存在するにふさわしい積極的な(すぐれた)価値。

どこにいても、何をしても夫婦は楽しめるようになるのです。

夫婦の間に有意義と楽しむのバランスがもっとも大切です。

人は、楽しいことばかりしていたら、意義を感じることはできない。意義のあることばかりしていたら、楽しいとは言えませんよね。

また、意義のあることを夫婦で取り入れたり、楽しいことを夫婦ですることで、夫婦仲のバランスが整うのだと思います。

家庭において、夫婦それぞれのポリシー

夫婦でもどうしても譲れないことはあります。自分自身のポリシーってありますよね。感覚的に持つポリシーもあれば、明確なポリシーもあります。

そのポリシーが間違っていることや失敗もあります。そうやって人は間違いを修正しながら歩んでいき、自分自身のポリシーを固めていくのでしょう。

傷つくことや相手を失望させてしまうこともあるかもしれません。

より良い夫婦人生にはポリシーは必要だと思いますが、家庭はふたりで築き上げていくものですよね。

良い家庭を創るには、それぞれの家庭についてのポリシーは話し合いふたりで決めるものです。

健康や精神的、方針や教育、時間や目的などの基本を決めておくことも大切ですよね。

夫婦の話し合いでは頑固になってはいけません。頑固は相手も自分自身をも苦しめることになります。

こちらもおすすめです。

家庭は夫婦関係が鍵となります。不安や心配、劣等感やモヤモヤなど、何かマイナスな思いにならないために、夫婦ふたりのポリシーを決めておくことは必要ではないかと感じています。家庭を創るためのポリシーがあると基準ができます。軸がある家庭はブレません。環境や時代の移り変わり、考え方や価値が変わることもあります。その時も夫婦の軸があるので、軌道修正が簡単にできるのです。

「個人の社会的ポリシー」「夫婦のポリシー」「家庭のポリシー」は強みになりますよね。ふたりで決めたポリシーはお互い尊重することもできますよ。

夫婦で経験しただけ喜びはココロに残ります。夫婦関係は山あり谷ありですから良いことも悪いこともありますが、その結婚生活を通して良い経験が得られるかどうかで素晴らしい経験を重ねることが、幸せな人生を創ることができるのでしょう。一緒にいて喜びを感じられる結婚生活を創っていくことがもっとも意義のあることです。

夫婦関係はバランスです。

ぜひ、夫婦で向き合い「有意義」と「楽しむ」ことをやってみてください。人生においてのいちばん大切なものは、夫婦関係だと知ってください。

こちらもおすすめです

『31年目の夫婦げんか』この映画を観て思うこと
円満夫婦の夫婦生活を楽しむ7つのコツ
円満夫婦の秘訣は、外国人夫婦の習慣に学ぶ
マインドフルネスで脳の休息を
マンネリ夫婦の辞め方(日常生活編)
夫婦ってなんだろうか?

読者登録はこちらから メルマガ登録
夫婦限定イベント         イベント案内

もれなく1000円クーポンプレゼント

もれなく1000円クーポンプレゼント

LINE登録プレゼント

3つのエッセイからプレゼント ・夫婦で人生をクリエイトしよう! ・疲れない夫婦関係 ・私たちのセックスライフ

読者登録

レンタル夫婦

レンタル夫婦はじめました。

私たち夫婦(TSUGU&SATOI)をレンタルいたします。夫婦・カップル限定企画

Blogカテゴリー

Recent Posts

Recent Works

More Projects